知っておきたい税理士・司法書士・行政書士の違い

税理士

zeirishi

税理士とは、税務関係の書類の作成や税務相談など、税務関係の業務を主な役割とする職業です。

税金とは、消費税のように、買い物をすると勝手に徴収される場合もありますが、自分で申告をすることによって税金の徴収が行われる場合もあります。
税金の申告をする際には、関係する金額などを計算しなければいけないのですが、素人には難しいことも多いです。
万が一間違った金額で申告をしてしまった場合には、申告漏れとしてより多くの税金を支払わなければいけなくなる可能性もあります。
金額が大きい場合など、脱税容疑で逮捕されてしまう可能性もゼロではありません。脱税しようと思っていたわけではなくともそうなってしまう可能性があるのです。

税理士は税金のプロですから、そのような間違った申告を防ぐために様々な計算を行って、納税額を算出してくれます。
それによって申告漏れや不正の疑いから逃れることができるのです。

業務内容

gyoumunaiyou

税理士の業務内容は以下の様なものに分けられます。

・税務代理
・税務書類の作成
・税務相談
・会計業務
・租税に関する訴訟の補佐人

この中で、会計業務、租税に関する保証の補佐人という業務以外の業務は税理士でしか行なうことができません。
税理士とは、税理士試験に合格した者、または公認会計士の資格を有している者、弁護士の資格を有する者のことです。
税理士資格を取得していなくとも、公認会計士や弁護士は税理関係についての知識も学んでいるために税理関係の業務を行うことが可能です。

税務相談

税理士の業務の1つとして、税務相談というものが挙げられます。
会社を経営していたり個人経営などをしている場合、従業員全体の税務管理や、経営に関する税務管理などで税理士に相談することがあります。
しかし経営者などだけではなく、サラリーマンや専業主婦やフリーターでも、この税務相談を受けることでメリットがあるのです。
サラリーマンや専業主婦、フリーターがする税務相談の中でも多いのが、確定申告についての相談です。
なぜなら、確定申告はフリーターや主婦、サラリーマンでも行なうことがありますが、消費税などと違って申告する必要があり、素人だと税金の計算などが難しい場合が多いのです。
確定申告について分からないことがあった場合には、税理士に税務相談をしてもらうことが可能なのです。

個人の税理士事務所でも相談は可能ですが、日本税理士会連合会などは、税務署の近くなどで無料で税務相談を開催していることが多いです。

ニューエントリー

ニュース

2013/10/15
司法書士を更新
2013/10/15
行政書士を更新
2014/01/14
公認会計士を更新
2014/01/28
弁理士を更新
2014/02/13
弁護士を更新